本文へスキップ

つばさカウンセリング

相鉄線沿線 神奈川(横浜・湘南・相模原・県央地域)
こころのケアとコミュニケーショントレーニング

tsubasa@yokohama.nifty.jp

理念・方針concept

セッション理念と方針

店内イメージ

つばさカウンセリングHealing gardenでは"答えはクライアント様の中にある"という方針に基づいて「来談者中心療法(傾聴技法)」を基軸にしてセッションを行います。
来談者中心療法は"非指示的療法"とも言われる技法・療法です。カウンセラーから指示・指導をするのではなく、対話を通じて「クライアント様ご自身が気づくこと」を大切にします。クライアント様の気づきを基にしてさらに深く話し合い、そしてクライアント様のお気持ちに寄り添いながら改善策・解決手段を「いっしょに」考え、クライアント様が成長するためのお手伝いをしていきます。


費用面でお困りの方
お悩みやつらさを抱えている方の中には失業中や生活保護を受けているなど、生活するだけで大変な方もいらっしゃることと思います。経済的事情でカウンセリング料金を捻出できず相談を躊躇されている方に対しては料金の減額も検討します。くわしくはこちらをご覧ください。

Q&A よくあるお問合わせ

心理カウンセリングはどういう人が受けるものなのですか?

日常生活で悩みや不安を抱えている方はもちろんですが、なんとなく生きづらさを感じている方、孤独感に襲われている方など「精神科へ行くほどではないけどなんかモヤモヤを抱えている人」にも有効です。心理カウンセリングは決して「特別な人が受けるもの」ではありません。悩みや不安を抱えていたり、なんとなく生きづらさを感じている方はぜひ受けてみてください。対話の中から新たな"気づき"を得ることで問題を解決したり、新たな自分の可能性を見出すことも可能です。

心理カウンセリングと精神科・心療内科はどう違うのですか?

精神科・心療内科は医療機関なのに対し、心理カウンセリングはサービス業(専門サービス業)という位置づけです。 心療内科や精神科は精神医学的見地からの治療を行います。主体は医師となり、医師からの指導的・命令的な治療傾向が見られます。かたや心理カウンセリングはコミュニケーション理論や心理学を中心とした理論を、カウンセリング技術を用いてクライアント様にアプローチをかけ、一緒に解決策を考え、また治療の援助・補助を行います。主体はクライアント様となり、カウンセラーはクライアント様と話し合いながら、クライアント様の意思を尊重した形で治療を進めていきます。なお心理カウンセリングでは医療行為は行えません。医療行為が必要な段階のクライアント様につきましてはセッションをお断り(リファー)させていただきます。

心理カウンセリングと精神科・心療内科を併用できますか?

精神科・心療内科のご担当医師にご相談ください。 基本的には併用することは可能ですが、その場合は精神科医または心療科医(以下「専門医」と表記)のもと、心理カウンセラーは補助的にかかわることとなります。専門医の治療方針がありますので、当所にかかる前にご担当医師にご確認ください。

精神安定剤などの薬は使いますか?

心理カウンセリングでは薬の使用は一切いたしません(できません)。 心療内科や精神科における治療では投薬治療がおこなわれることがあります。重度の精神障害により一過性でも効果を必要とされるクライアント様には投薬治療が必要な場合もございますが、薬の処方は副作用が伴う可能性があるほか、悩みの根本的な解決にはなりません。 心理カウンセリングはそこまで重度の精神障害をお持ちの方ではなく、日常生活で悩みや不安、生きにくさを抱えていらっしゃる方を主な対象としています。そのため心理カウンセリングでは対話による治療を重視し、悩みの原因を根本から探り回復へ向かうことを目的としているので、薬での治療は行いません。

心理カウンセリングはどのくらいの期間・回数通うものですか?

期間や回数は抱えている問題やお悩みなどの内容次第なので、人それぞれ全く異なり基準がありません。1度受けて、ひとりで抱え込んでいた思いをカウンセラーに話すだけで快方に向かう方もいれば、幼少期のトラウマが原因となっているために年単位で通ってケアされる方もいます。 心の症状は奥深いもの。ちょっとした悩みのはずが、原因を探っていくと幼少期の体験が原因になっていることも数多くございます。心理カウンセリングの終了は「クライアント様自身が」回復を実感された時。ここに至るには長い人では10年以上にわたって通い続けることもございます。また頻度についてですが、間隔が長すぎても短すぎても効果が薄れます。お悩みの内容にもよりますが2週間〜1か月に1回程度が理想的です。

心理カウンセリングを受ければ悩みや不安、問題は必ず解決しますか?

申し訳ございませんが、改善を保障するものではございません。 カウンセラーはクライアント様の回復に向けて全力を尽くしますが、申し訳ありませんが効果が得られない場合もございます。心理カウンセリングは医療行為ではございません。身体的健康改善を保証するものではございませんのでご了承ください。

料金が高くないですか?

大変申し訳ございません。しかし同じようにお話を聞いたりアドバイスをする業種の占いや人生相談などと比較しますと、決して高い料金設定ではないことをご理解いただければと思います。 特に横浜希望ヶ丘相談室は自宅を利用しているメリットを活かしてご利用しやすい料金で設定しております。
また現在の社会情勢において、心理カウンセリングは今後間違いなく必要とされる業種であるにもかかわらず、業種として認知されていない現状がございます。 無下に低料金を設定すると価格競争に巻き込まれ、業界全体が疲弊し健全な活動ができなくなり、「心を扱う業種」が成り立たなくなってしまいます。1事業所 のことだけでなく業界全体の維持発展を考える必要性から、相場に合わせた「適正な」料金設定とさせていただいております。どうか何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。なお少しでも安価で受けていただけるよう、喫茶店を利用したセッションやスカイプでの通信セッションなどのカウンセリングもご用意しております。


お知らせ

●現在土・日も空きがございます。ぜひご利用ください

●当所は頂いたメールには通常3日以内にお返事しています。メールでのお申込み・お問合せ後3日たってもお返事がない場合は改めてご連絡願います


スタッフ写真

事務所情報

つばさカウンセリング&コミュニケート

〒241-0824
横浜市旭区
南希望が丘111-21
→連絡先
→アクセス


バナー



twitter

ブログの更新・イベント情報・つばさカウンセリングからのお知らせはtwitterでチェックできます